コーヒーの本を集めてみたけれど、以外に少なかった。

淹れ方や味にはさほど興味がない。
その一杯がどんな想いで淹れられたか、
どんなシチュエーションか、
飲んだあとの第一声が聴けるような本を読みたい。
声にならない声を文章で表現していると萌える。笑

精神的珈琲世界の文章が好きである。
カフェイン以上に中毒性がある。
満月珈琲店の星詠みは、ホロスコープと掛けていて面白い。

寛ぎたいときに読むコーヒー本どうぞ。