「尼崎ストロベリー」重版記念イベントとして、本の舞台になっている阪神尼崎駅周辺を
著者、成海隼人さんと、読者の皆さんと街歩きしました。
子どもから大人まで、京阪神から和歌山、鳥取と幅広くご参加いただき24名の大所帯となりました。

歩いたのは、尼崎駅前商店街、三和商店街、サンロード、とその周辺。
所々で立ち止まっては「〇ページの〇行目に出てくるお店がこちらです」といった感じで成海さんに解説していただきました。
本に出てくる老舗の天ぷら屋、肉屋で揚げたてのものを堪能しつつ、尼ならではの(?)激安品、派手な服、愉快な看板などにそれぞれがツッコミを入れながら楽しい会となりました。

私は集合時間より早めに着き、レトロな喫茶店で日替わり定食をいただいたのですが、
それに付いてたアイスコーヒーが薄いわけでもなく、時間が経って酸味があるわけでもなく新感覚な、
高麗人参か葛根湯が入ったような漢方的な味がして「これも尼なのか?」とどうでもいい疑問がわいたのでした。

兎にも角にも、
こうして著者と交流すること、読者同士が繋がること、本を閉じたあとの物語を楽しむことはフレンズが力を入れていることです。
ご協力いただいた成海さん、ご参加いただいた皆さま、どうもどうもありがとうございました。感謝。

                             店主 こんぶ