「わたし本読むの遅いんです・・」と肩を落とすひとが多い。
読書にたいしてプレッシャーがあるのでしょう。

「店長さんは速読で読まれてるのですか?」ともよく言われます。
私は速読法をいくつか習いましたが、それを使って読むことはほとんどありません。

なぜなら、速読法を使わなくても、読みつづけているとかってに速くなるからです。
毎日ジョギングすれば、そのうち速くなるし長く走れるようになるのと同じです。


そもそも、「読むのが遅い」など脳が否定的な状態で速く読めることはありません。
努力することは悪いことではないですが、長く続かないとおもいます。

「速く読みたい」と思えばおもうほど、
左脳が優位になり「速く読めない」結果を招きます。

「この本おもしろそう」とか「読書たのしい」とか「この作家さん大好き」とか、
ポジティブな感情、右脳で読むほうが結果的に速く読めます。

自分が好きなジャンル、好きな作家の本を読んでいるときは自然に加速します。
そんなとき、もはや「読んでいる」という感覚ではありません。
自然に速くなるので「速く読もう」とか「遅い」とか考える間もありません。

無我夢中、無心、無欲だから脳が発揮して速く読めるのです。

いかがでしょう、少しは肩の荷が下りましたか?

もしまだ「でも自分は遅すぎる・・」など思うようでしたら
一日の読書量を増やしてみるとよいです。

週に1冊を目途にしてるひとは、週に1冊読めないでしょう。
1日に1冊を目途にしてるひとは、1日に1冊読めないでしょう。
じゃあ、どうすればいいか。

1日3冊と決めるのです。

そうすると、1日に1冊しか読めない日があったり、2冊読める日があったり
慣れてくると3冊読めるようになります。

もちろん多ければ良いというわけではありません。
読んだものをどれだけ覚えているか、身に付いたか、
その辺は次回お話します。

お読みいただきありがとうございます。

こんぶ